愛人を持つ男の心理、愛人になる女性の心理

男性であれば、誰でも一度は愛人というものを持ってみたいという気持ちになったことがあるのではないでしょうか。愛人を持つということは、ただ浮気相手や不倫相手を持つということとはわけが違います。何故なら、愛人を持つためにはそれなりの財力が必要となるからです。女性の住むところや生活費なども男性側が出す必要がありますし、女性にお小遣いをあげる必要もあるでしょう。女性の生活基盤全体を保証し、そのかわりに愛人契約を結ぶというのが基本なので、かなりの大金を要します。社会的・経済的に成功している男性でなければ金銭的に愛人を持つことは不可能だと言えるので、世の男性たちは愛人を持って入る男性側の社会的地位も含めて、憧れの気持ちを抱いてしまうのです。

では女性側にとってはどうでしょう。愛人になる女性にとって、自分の生活の面倒をみてくれる男性は魅力的に映るものです。お金だけの付き合いだと割り切っている愛人もいるかもしれませんが、その男性のために尽くしたいと真心をこめて接する愛人も多いです。何より、相手が自分から去ってしまうとその後の生活に困ってしまうという現実的な理由もあります。そのため、男性に飽きられないよう、心変わりされないよう、より美しくなることに磨きを掛けたりします。愛人という立場ではあるものの、心から男性を愛するケースもあるでしょう。生身の人間同士ですから、けしてお金だけの付き合いというわけではありません。お互いに尊重しながら接し合うことで愛人関係はうまくいくのかもしれません。